新着情報

研究概要

  本研究プロジェクトの目標は、衛星・地上観測データとモデルを組み合わせることより、中国・ モンゴルを中心とした東アジア環境の全体像の把握、即ち、東アジアの代表的な生態系の機能とサービスを定量的に評価し、地球温暖化や人間活動による影響評価と将来予測に寄与することを目指す。具体的には、
 1)東アジアの様々の生態系において広域な環境要素を観測・解析するために、これまで構築してきた衛星データの受信・解析システムの維持管理を行い、時空間的に高精度の衛星観測データを蓄積し、東アジア統合環境情報システムを作成する。
 2)東アジアの代表的な生態系において水熱収支、炭素循環、及び永久凍土などに関する様々な環境要素のデータベースを構築する。
 3)広域的な衛星データと精緻な地上観測データを、環境影響評価の指標やモデルと同化することによって、地球温暖化が環境資源の劣化、生態系機能の変化、永久凍土の融解および作物生産量に及ぼす影響の評価を行う。

研究内容容容

データベース

研究機関

環境省
独立行政法人 国立環境研究所
慶應義塾大学

海外共同研究機関

中国科学院 地理科学与資源研究所
モンゴル科学院 地理研究所
中国生態ネットワーク研究センター
中国科学院 新疆生態与地理研究所
中国科学院 亜熱帯農業研究所
中国科学院 西北高原生物研究所

お問い合わせ先

独立行政法人 国立環境研究所
地域環境研究センター
〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2
Tel & FAX: +81-29-850-2128