研究の背景と目的
  長江、黄河等東アジア地域の流域圏では、急速な経済発展に伴う水需要量や水質汚濁負荷の増大によって、陸域の水不足と水汚染、沿岸域・海域生態系の劣化が深刻化すると共に、流域圏に支えられかつ流域圏に負荷を及ぼしている都市におけるエネルギー・水資源制約および水質の問題がいっそう深刻化している。これらの問題は、中国のみならず、日本および東アジア各国に直接的、間接的に影響を及ぼしている。これらの影響およびその対策技術・政策の適応性と効果を定量的に評価し、持続可能な水環境管理に向けた科学的基盤の確立が緊急の課題になっている。 
図1

  中核プロジェクト「東アジアの水・物質循環評価システムの開発」では、国際共同研究による東アジアの流域圏、沿岸域・海域および拠点都市における水環境に関する科学的知見の集積と持続可能な水環境管理に必要なツールの確立を目指し、観測とモデルを組合せ、水・物質循環評価システムの開発を目的とする。また、長江などの陸域起源水が東シナ海の海洋環境・生態系に及ぼす影響の解明を行うと共に、都市、農村と流域生態系の共生の視点から、都市・流域圏における技術・施策の導入によるケーススタディの結果に基づく、適切な技術システムと政策プログラムの設計を含む流域の長期シナリオ・ビジョンを構築するための方法論の開発を実施する。 
研究の内容と構成
  これらの目標を達成するために、以下の三つのサブテーマにおいて具体的な研究計画を立てている。

  ①流域圏における水・物質循環観測・評価システムの構築;

  ②長江起源水が東シナ海の海洋環境・生態系に及ぼす影響の解明;

  ③拠点都市における技術・政策インベントリとその評価システムの構築

  それぞれのサブテーマにおいて、観測システムの構築、データベースの作成、モデルの開発およびそれによる影響評価と将来予測の手順で研究を進め、最終的に政策提言を行う予定である。
図2